$
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
売買戦略を決める場合、「資金」、「性格」、「トレード期間」等によって、それぞれの売買戦略が決まってきます。

売買戦略は、投資の根幹になる部分ですので、人それぞれ違った戦略を取っていくはずです。


その中でも、トレード期間は、戦略を考えていく上で非常に重要な点になると思っています。

ココでは、4つに分かれるトレード期間のうち中期トレードについて説明したいと思います。


中期トレードは、数週間~数ヶ月間ポジションを持ち続ける投資方法です。

日々の細かい値動きはあまり追いかけず、大きなトレンドに沿ってポジションを仕込んでいく形になります。


中期投資の場合は、長期間ポジションを持つので、スワップ金利の収入も期待できます。

そのため、基本的にロングでポジションを持つとお得ですね。


トレンドの切り替わりを確認したら、ポジションを仕込みます。当然、損切りの予約注文は入れておきます。

その後は、トレンドが終わるまで、放置するコトになります。為替にかかる時間も、多くて1日1時間くらいしょう。


中期投資の良い点は、あまり相場の流れを見る必要がないコトです。1日1回相場の状況を確認するくらいで十分です。

旅行に行って数日くらい放置していても大きな問題はないと思います。


また、スワップ金利も期待できるため、為替差益とスワップ金利で2度美味しいです。


しかし、ポジションの建て方が難しいという欠点もあります。

トレンドの変わり目でポジションを建てる。と言うのは簡単そうに聞こえますが、トレンドの変わり目を判断するのが難しいです。

ただ、トレンドが完全に切り替わったのを確認してからポジションを建てても良いので、戦略の自由度も多い方法だと思います。
スポンサーサイト
FXで何億も勝ったなどという人のほとんどはデイトレード・スキャルピングで稼いでいます。

よくいうデイトレードとは一日で決済を繰り返す取引のことを言います。スキャルピングはそれを数秒や数分に縮めた取引です。0円から20銭まで抑えることが可能です。

デイトレードやスキャルピングの取引はリスクが高いと思われがちなのですが、実は一番効率が良く、一番安全な取引だということも言えるでしょう。その理由は以下の3つです。

1.外貨を保有している時間が少ないため、損失が少ない。
2.相場が急変した時でもすぐに対応できる。
3.重要指標などあらかじめ相場が動く時間が分かる。

つまりFXで本当に勝ちたいという人はデイトレードやスキャルピングで細かく利ざやを稼ぐことが一番合っているのです。ではその稼ぎ方をご紹介したいと思います。

FXのデイトレードやスキャルピングでの取引で最も利用されるのが重要指標発表時です。

この時間帯は時に相場が1円以上動くこともあり、差益狙いのデイトレーダーに大変人気があります。

相場が動く時間帯が分かるのでチャンス時を逃すことなく取引することが可能です。

つまりFXで本当に勝ちたいという人はデイトレードやスキャルピングで細かく利ざやを稼ぐことが一番合っているのです。


デイトレードやスキャルピングで勝つには?

FXのデイトレードやスキャルピングで勝率を上げるにはズバリ取引コストが安い会社を選ぶことです。またMT4(メタトレーダー4)や完全自動売買も注目されています。

まずFXが初心者なら1000通貨の取引で地道に経験を積むことも大切です。

テクニック的なことはいろいろと手法がありますが、誰にでもできる勝率を上げる方法は取引コストを抑えることと言ってよいでしょう。

以下にFXの取引コストであるスプレッドを会社ごとに比較しました。こちらを参考に会社を選びましょう!
◆ ひと目で相場の動向、先行きがわかる ◆
テクニカル分析には今まで紹介してきたように、様々な手法があります。
ローソク足、移動平均線、RSI、ストキャスティクスなどなど。
しかし、いずれもカバーする範囲が限定されているのです。
例えばローソク足は値動きを追うものであり、移動平均線は値動きのトレンドを追うもの。
しかしここで紹介します一目均衡表は、名前のとおり一目で相場の動向がわかるものです。
パソコンの普及により人気が高まっている分析法です。
一目均衡表は、一目山人(本名、細田悟一)氏が考案した分析手法。
長い月日をかけて作られた奥深い理論です。
正真正銘日本発のツールですが、海外のファンドマネージャーにも人気があるようです。
一目均衡表では、次の5つの線を引きます。


①転換線
過去9日間(当日含む)の最高値と最安値の平均値
②基準線
過去26日間(当日含む)の最高値と最安値の平均値
③先行スパン1
基準線と転換線の平均値を、当日から数えて26日先に記入したもの
④先行スパン2
過去50日間における高値と安値の平均値を当日から数えて26日先に記入したもの
⑤遅行線(遅行スパンともいう)
当日の終値を当日から数えて26日前に記入したもの 

◆ 一目均衡表で3つのポイントチェックして! ◆
一目均衡表は、奥が深いので研究するとさまざまなことがわかります。
ここでは、まずチェックしておきたいポイントを絞って説明します。
チェックポイントは次の3つ。
①転換線と基準線の位置関係
・転換線が基準線を上抜く→好転
・基準線が転換線を上抜く→逆転

②実線(ローソク足)と雲の位置関係
先行スパン1と先行スパン2の間にできる空間のことを雲(帯)と呼びます。
・実線が雲の上→強気相場
  基本的に強気なので、多少下がっても反発する可能性が高い。
・実線が雲の下→弱気相場
基本的に弱気なので、多少上昇しても下げ戻す可能性が高い。
つまり、雲は実線の位置によって上値を抑えたり、下値を支えたりするクッションの役割を果たすということですね。


③遅行線と実線の位置関係
・遅行線が実線の上→強気
・遅行線が実線の下→弱気
また、「三役好転」を迎えた場合は「買い」のチャンスです。



CHECK POINT

好転・逆転
相場の動向をあらわす表現。
好転は上昇の兆しを表し、逆転は下落の兆しを表します。
三役好転
一目均衡表で次の3つの動きが同時に出た場合は、最も買いに適したサインとされます。
①転換線が基準線を上抜ける。
②ローソク足が雲を上抜ける。
③遅行線がローソク足を上抜ける。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。